秋県大会



11月6日は県大会初日でした。


まだ星空の早朝5時半に集合して、配車をくんで横須賀へ、いざ出発!











それぞれ途中トイレ休憩をとって横須賀の夏島グランドに到着。


開門前だったので、近くの道端でウォーミングアップをしました。






初戦、桜井レーダースさんとの試合は後攻でむかえました。


1回の表で、相手チームに打たれ、2点を先取されました。

がつづいて裏ではなかなかヒットが打てず、0点。


2回の表では、相手チームに攻撃を許さないまま0点で抑えたのち、

裏ではまたまた得点出来ないまま過ぎていきました。


3回の表では、愛甲ソフトのミスもあり、2点とられ、裏ではなんとか1点取り返すことができました。





4回の表では0点で抑え少しずつ、愛甲ソフトの調子が出てきたようにも思いました。裏では1点入れることが出来ました。


5回の表ではミスが目立ち、相手チームに3点許してしまいました。

が、最後まであきらめません。





5回の裏で、流れがかわりました!


愛甲ソフト、次々とヒットの連続です。


ヒットが続くたびにみんなで喜びました。





今までのことを思い出したり、

プレッシャーやらで、涙を流しながらバッターボックスに向かう選手もいました。



愛甲ソフトのみんなが逆転を信じて応援しました。



結果、4点をとることが出来ました!



が、ここでタイムアウト。

6対7で負けました。








最後、諦めないで、愛甲ソフト一丸となって夢中になりました。


逆転することは出来ませんでしたが、とってもとっても良い試合でした。


試合が終わった後、悔しさよりも、胸がいっぱいになりました。





最後の回で1球ごとに盛り上がったり、泣きながらバッタボックスから1塁、2塁へと走ったこどもたちの様子を思い出すと今でもジーンと余韻にひたりたくなるような試合でした。


県大会は、初戦敗退ということで、終わってしまいました。

6年生中心の試合は最後でした。


いつか、なにかの時に、この試合のことを思い出すことがあると思います。

あきらめなければ良い方向に行く。日々の積み重ねが大切であること。

実感できたこの経験はとっても貴重なものであるはずです。


県大会、応援してくださっていた愛甲ソフト関係者の方々、ありがとうございました。


選手のみなさん、お疲れさまでした。

そして感動をありがとう。




閲覧数:51回